年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成31年2月15日~平成31年3月31日

浅田真央選手の演技を観て

平成26年、冬季五輪ソチで行われたフィギュアスケート女子フリーで、浅田真央選手の演技を観て号泣した。息子たちが外出中で、リビングで1人「思う存分」というぐらいティッシュボックスを抱えて、泣いた。今思い返すと、自分で勝手にいろいろ抱えていたのだと思う。仕事や、長男の就活やら、回ってきた自治会の役員のことなど、いろいろと。それらを相談する人はいたし、話もした。でも、結論はすぐに出ない事柄が多い。結局「まあ、いいか」ではなく、自分の内側にくすぶっていたのだろうと思った。浅田真央選手は、ソチ五輪女子フィギュアスケートショートプログラムで、周りの想像とは違った順位からスタートした。そしてフリーの演技。浅田真央選手の、フリーの素晴らしい演技を観ながら、本当に申し訳ない自分の勝手な解釈だが、「人の可能性って、自分で思っているほど悪くないんだ。楽観視はできないけど、それでも」と、思えた。正直、自分のやったことについての、人の評価は分からない。でも自分としては、その時にひとまずできたことはすごいことだよと、浅田真央選手の演技から、教えてもらったような気がした。

岐阜県各務原市 宮嶋美詠子さん 53歳 流行・世相

  • facebook
  • twitter
  • line

平成26年の国内・海外の主要ニュースを見る