年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成31年3月15日~平成31年4月30日

父との思い出

父の認知症が徐々に悪化し始めた。私と弟は何とか刺激を与えて、父が父としての良い人生を過ごせるよう努力した。正月には恒例の温泉旅行で鳥羽に行き、伊勢神宮、お千代保稲荷と回って帰ってきた。父の誕生日には東京スカイツリーに行った。誕生日とのことでシールをもらい、スタッフの方からおめでとうございますと声を掛けていただいた。この旅は随分長いこと父の中に残っており、写真を見るたびこれは東京だと答えてくれた。ホテルから車椅子2台を借りて父と母を乗せて行ったが、行って良かったと思える旅であった。両親は私たち姉弟が子どもの頃から、毎年あちこち連れて行ってくれた。私たち姉弟はいつも地図を見て確認しながら連れて行ってもらったものだ。晩年の父は、旅行に行くたび運転して行く私に「お前はよく知っているなぁ」と褒めてくれた。「お父さんがあちこち連れて行ってくれたおかげだよ」と答えると、そうかと笑った。出身地が同じ加茂郡の池井戸潤の「下町ロケット」のドラマが毎週日曜日の楽しみであった時である。

岐阜県可児市 長瀬由美子さん 62歳 家族・親族趣味・レジャー心身の変化

  • facebook
  • twitter
  • line

平成27年の国内・海外の主要ニュースを見る