年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成31年3月15日~平成31年4月30日

みんなで選挙に行こう

18歳になると選挙権が与えられます。私は当初から、若者が投票に行くかどうか心配でした。法律は何年かに一度見直されるべきというのが持論なので、このことは喜ばしいが、対象となった有権者にその意図が十分浸透していないのが残念です。先進諸国では、18歳の選挙権は当たり前ですが、日本は少し遅れを取っていました。そうは言っても自分たちの選んだ議員が決めたことは、そのルールに従うのが当然です。先日の統一地方選挙で、私は投票管理者を経験し、投票所で半日投票を見守りましたが、やはり若い有権者の投票率も低かったです。このまま低投票率が続くようでは、選挙自体の有効性も問われるようになり、危機的な状況だと思います。投票率を上げるためのキャンペーンを増やすことも必要ですが、まず親が子どもや孫たちに選挙の重要性を教えること、子どもと一緒に投票に行くなど、選挙が身近なものに感じさせる工夫を、有権者自らが考え行動することが一番だと思います。その為には家族で選挙について話し合う、選挙公報を読んで、候補者の政策について興味のあること、気になる公約を書き出してみる。最近では、インターネットやスマホなどでも候補者の公約や活動報告は、見られます。その中で気になること、例えば結婚、子育て、働き方改革による収入減、待ったなしの環境問題について調べてみるなどの具体的な行動も必要です。まずは身近なところから取り組みを始めて、興味を持つこと。それらを投票率の向上や棄権を減す行動につなげていけたらと考えています。

愛知県あま市 横井孝彦さん 65歳 流行・世相

  • facebook
  • twitter
  • line

平成28年の国内・海外の主要ニュースを見る