年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

本サイトは2019年12月20日をもって終了となります。今までご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

作文応募期間:平成31年4月15日~平成31年5月31日

発覚した製造業の不正

この年、製造業の不正が相次いで発覚した。わが家の車も無資格者の検査だったようで、リコールの対象となった。わが家は新車点検から6カ月ごとの点検もずっとディーラーでやっていたので、リコールで再検査というのは「今さら」という妙な気分であった。車検は、国が定期的に個々の自動車の保安基準を検査するもので、新車についてはメーカーが代行している。車検は自動車の安全を保証するものではなく、必ず各自の責任において定期的に点検整備を行うこととされている。しかし、「ユーザー車検」の検査で異常を指摘されたところだけを直して再検査に臨む猛者もいるという。ユーザー車検ができるようになったのは、製造業全体の品質管理が進み、車の信頼性が上がってほとんど故障しなくなったおかげである。だが、よりよい品質を求めるあまり、「過剰品質」になっているところもあるようである。問題となった会社はその過剰分を誤魔化していたので実害がなく、発覚しなかったとも言える。必要な品質とは何かということを考えさせてくれた年であった。

愛知県東海市 久野容一さん 61歳 流行・世相

  • facebook
  • twitter
  • line

平成29年の国内・海外の主要ニュースを見る