年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

本サイトは2019年12月20日をもって終了となります。今までご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

作文応募期間:平成31年4月15日~平成31年5月31日

退職後の四国旅行

辞めたい、辞めたいと何度言ったか、やっとその時が来た。父のアルツハイマーがどんどん悪化し、母からの電話も回数が増していた。80歳の母が86歳の父と生活するのが少しずつ困難になり始めてのことである。すぐ飛んで行ってやりたい時もあったが職員不足の介護施設、なかなか辞めさせてはもらえなかった。20年間お世話になった職場に迷惑をかけたくない、親は大切、と葛藤が続いた。3月31日やっとその日が来た。後輩たち、バレー部のみんななど花束を持って来て別れを惜しんだ。この年の6月、わが家の近くに住んでいる娘が1年間の育休から復帰ということもあり、私は孫の子守りもすると娘に伝えた。私より1年前から無職の夫は氏子総代など自治会の仕事を引き受け、それなりに多忙であったが少しは助けてくれるだろうと勝手に思っていた。娘が仕事復帰する前に讃岐うどんが食べたいと四国ドライブを思い立った。どこへ行っても桜が満開の4月、娘と間もなく1歳になる孫、そして私たち夫婦の4人で瀬戸大橋から香川に入り、さっそくホテル前のうどん屋さんに入った。数年前は両親と私たち夫婦で同じホテル同じうどん屋さんに入った。丸亀城、金比羅さん、道後温泉、松山城と2泊3日は楽しい旅となった。秋には平成元年に作ったわが家を、私たち夫婦の為にバリアフリーのリフォームをした。これから年を取っていくのにやっておいたほうがいいと介護施設で働いた私の意見を夫が受け入れてくれた。私にはとても満足できる年となった。ただ6月に市川海老蔵さんの妻である小林麻央さんが幼子2人を残し若くして亡くなられたというニュースは悲しいものであった。

岐阜県可児市 長瀬由美子さん 62歳 家族・親族就職・転職趣味・レジャー

  • facebook
  • twitter
  • line

平成29年の国内・海外の主要ニュースを見る