年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成31年4月15日~平成31年5月31日

希望を見つけた出直しの年

脳梗塞で倒れ右半身麻痺になり、8年のローンを残したまま部品を捨てるかのように、早期退職を勧告してきた。某自動車関連企業、自宅療養期間満了のことからハローワークにも冷たくあしらわれ、一時は52歳で自殺も考え、引きこもり1年、おまけに精神的にも病み閉鎖病棟へ閉じ込められる始末。悶々の日々は苦しかったです。しかし、主治医が某病院から移動となり、そのあとを追って病院を一時変更。これが功を奏したのか、自転車で約40分、雨の日も、風の日も病院へ通いました。そんな折、四季を感じるようになり、自分が少しずつ変わっていくような気がしました。約2年で主治医は退職され、元の病院に戻り、薬を少しずつ減らして行き段々、呂律が回復してきました。リハビリのせいか右脳が活発化してきたような感じも。游書、漢検3級、電気工事士2種挑戦等を経験しながら、今日の自分を確立してまいりました。「やればできるなさねばならぬ何事も」。正にこの通りです。家族、病院関係者等を通じ健常者以上に今では、活発に生きています。65歳の准高齢者になりましたが、奥さん、子ども2人、孫5人のためにも今後、頑張ろうと思います。

愛知県一宮市 梶田博さん 66歳 家族・親族就職・転職心身の変化

  • facebook
  • twitter
  • line

平成30年の国内・海外の主要ニュースを見る