年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成31年4月15日~平成31年5月31日

フェリーで九州旅行

わが家は親子三世代、豊かな自然がいっぱいの静かな山村に住む健康一家です。私たち夫婦は年齢は1つ違い、昭和35年に結婚して金婚式も過ぎ、平成30年は2人合わせて165歳、毎日元気に農業をしています。健康の源は歩くことと心得、それも旅行先であちこち名所を尋ね回ることが一番。いつも時刻表とにらめっこしながらマイプラン、JRのジパング倶楽部や青春18きっぷの旅を楽しんでいます。今回は九州へフェリーで行くことにしました。夕方に神戸港を出ると翌朝には大分港着、九州の人の仲間入りです。最初の途中下車駅は幸崎。バスで関あじ、関さばで名高い佐賀関へ。坂本龍馬の九州初上陸、出立の地・龍馬街道を少し歩いたあと大相撲・嘉風関の出身地である佐伯を散策。車窓から宮崎浮上式鉄道実験線の標識が目に止まりました。ここはリニア実験センターだったのですが、今は路線上一帯に太陽光発電のパネルが並んでおり、何か異様な感じでした。隼人から寄り道して肥薩線の日当山へ。ここはNHK大河ドラマ「西郷どん」の舞台となった地。西郷隆盛が常宿としたという西郷どんの宿に一泊すると、すっかり西郷どんになりきった気分でした。霧島市の大隅の国一之宮・鹿児島神宮に参拝して鹿児島市に入り、西郷どんゆかりの史跡や大河ドラマ館を見て、また夜行のフェリーで志布志港から大阪南港に帰ってきました。こうして九州での数々の思い出をみやげに平成最後の長旅を無事に終えることができ、大変嬉しく思っています。

岐阜県関ケ原町 相撲正一さん 83歳 家族・親族趣味・レジャー

  • facebook
  • twitter
  • line

平成30年の国内・海外の主要ニュースを見る