年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:平成31年4月15日~平成31年5月31日

自然災害の刃

さてこの年といえばあまりにも特筆すべき事柄が満載で頭がはち切れそうですね。しかし、私の体調は松の内頃までは暖かく快調でしたが、平昌冬季五輪の頃は観戦も苦しく病魔が立ちはだかっていました。築40年のわが家はボロボロでかなり大胆な補修が必要でしたが、体調を考慮しやむなく最小限にとどめざるを得ませんでした。そうした折りにも平昌での羽生結弦選手や宇野昌磨選手、ノルディックスキー複合の渡部暁斗選手等の素晴らしい活躍にどれほど救われたことでしょう。「平昌に渡部暁斗の赤き息」の句は新聞にも掲載されました。またこの年は稀に見る猛暑となり、自然災害の刃に日本各地が襲われましたね。そして記憶に新しいのは尾畠春夫さん。その老練なボランティアは感極まり坊やの発見を涙ながらに語りました。決して驕らず、淡々と取材に応じる姿に頭が下がりました。よく聴いてみるとボランティア活動のキャリアは相当なものとか。その貴重な体験の積み重ねが人命救助の勘を養ってきたのでしょう。そして忘れもしません、あの伊勢湾台風並みの大型台風に、わが家の納屋の鉄板があっけなく吹き飛ばされてしまいました。各地の災害の復旧にこの年ほど、自衛隊の為すべき本来の仕事が何で在るのか明確になったことがかつてあったでしょうか。スコップの出番は被災地で大いに役立ったに違いありません。銃では被災民を助けられはしないのです。

愛知県みよし市 石川芳子さん 65歳 天候・災害

  • facebook
  • twitter
  • line

平成30年の国内・海外の主要ニュースを見る