年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

本サイトは2019年12月20日をもって終了となります。今までご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

作文応募期間:令和元年5月15日~6月30日

私の老後

令和元年に52歳になる男性です。世の中は、働けるならまだまだという風潮があり、定年の延長、それに伴った年金需給引き上げをうたっています。私は、減額されても、年金がもらえるのなら、今の仕事を辞めて第二の人生を歩みたいと思っています。質素な生活の実現とボランティア、趣味、今までにできなかったことややりたかったことを思い切りやってみたい。日の出とともに起き、ウオーキング、体操、犬の散歩、新聞を隅から隅まで読み、子どもたちが登校する横断歩道で安全を見守り、登園のバスの運転手やコミュニティでの趣味、公園の草抜きまで、考えるだけでワクワクする老後の生活です。そんなことの何が楽しいのと言われるかもしれない。でも、私はやりたい。名誉や誉められることを目的としているわけでもない。ただただ、子どもたちの笑い声が聞こえること、皆が笑顔でいられることが私の未来です。

愛知県名古屋市(西区) 三浦一高さん 51歳

  • facebook
  • twitter
  • line