年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:令和元年5月15日~6月30日

令和20年、80歳の私へ

おい、80歳の私はまだ元気に生きているか。19年後の令和20年11月、私は80歳になる。昭和33年生まれの私は、平成を迎えたときに30歳、令和を迎えたときは60歳だった。切りのいい生まれ年である。ところで80歳の私よ。あのとき考えていたことを確認するぞ。65歳まで元気に仕事を勤めあげたか。71歳で亡くなった親父の年齢を無事に越えられたか、74歳のときに行われた第100回日本ダービーを東京競馬場で観戦できたか。76歳は金婚式だったが、妻にきちんと感謝したか。自分のことばかり心配していてはいかんな。妻はもちろん私以上に元気で、仲良く暮らしているよな。息子たちは二人とも50歳前後になって、すでに人生の後半戦に入っているのか。孫たちはどうしてる。これを書いているときは、長男の子どもは4歳と2歳の二人だったけど、もう働いているんだろうか、それとも大学生か。次男には彼女がいたみたいだか、結婚したのか。そういえば、仕事をリタイアしたら、新婚旅行で行った北海道に二人でのんびり旅をしようと話していたが、約束は果たしただろうな。では、そのときまで世界が平和であることを願いつつ、今日は筆を置く。

愛知県北名古屋市 内野敬久さん 60歳

  • facebook
  • twitter
  • line