年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

本サイトは2019年12月20日をもって終了となります。今までご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

作文応募期間:令和元年5月15日~6月30日

老化に向かって

私は今62歳。どう考えても未来は老化である。昔は早くお婆ちゃんになって縁側でおじいちゃんとお茶をすするのが夢であった。なんと不思議な子どもであったかと今更ながら思う。元々、大した夢など無い人間だが、20年ほど老人保健施設に勤務した経験から、年齢を重ねる毎に明るい色の衣類を身に着けてオシャレをした方が良いと考えている。無理をしない程度に身体を動かし、人との会話を楽しみ、貯めたお金は使う。両親が健在なので、後で悔やむことないように親孝行をする。夫と旅を楽しむ。新聞に目を通して世の中の出来事に目を向ける。若い時はお金を貯めることを重点に子育てを頑張ってきた。子どもたちは普通に生活してくれている。昔はこうだったなんて若い時は聞きたくなかったが、伝えていったほうが良いことは孫たちに無理強いせず寝物語で聞かせてやりたい。技術の進歩で色んなことを機械がやってくれるが、畑で野菜の採りたてを食べる楽しさや美味しさを伝えたい。そして安心して自分たちの老後である未来を楽しみたいと考えている。

岐阜県可児市 長瀬由美子さん 62歳

  • facebook
  • twitter
  • line