年表

時代

年表

閉じる

平成作文~未来へ

作文応募期間:令和元年5月15日~6月30日

令和の先を見据えて

令和を迎え、20代から40代の若者の中には、この時代は自分たちが創ると意気込んでいる人がいるようだ。しかし、同時に僕には関係ないことのように感じる。令和に起きる変化は、僕たちの世代が作り出したものではなく、先人たちの残した功績を実行しているだけにすぎない。先人からの教育の延長線上で、僕たちはほんの10年、20年先の人類の進化を体現しているのだ。それならば、僕は、令和で先人たちの理想を体現しつつ、もっと先を見据えて未来を創りたい。僕は、令和の時代で実績を作るために生きるのではなく、令和の次の時代で、その時代の人間が道に迷わなくて済むようなベンチマークを刻むために生きたいと思う。今から見える未来よりも、未来から見えるその先まで見据える。そうすれば、きっと、僕らの世代が老人になろうと、古い世代になろうと、僕たちは未来のために新しい知識を得る世代でいられる。60歳で定年の時代は終わる。人生のゴールはもっと遠くなる。それなら一番遠くのゴールを目指してみよう。令和のその先は、僕たちが創りたい。

静岡県浜松市(中区) 土屋尚輝さん 22歳

  • facebook
  • twitter
  • line